ローンで土地を購入するなら消費者金融は避けたほうがいい?

土地や家などの大型のローンを組むときには消費者金融でのローンは避けたほうがいいのですか?銀行でローンを組んだほうがいいのは分かっているんですが、銀行で審査に落ちた場合、消費者金融で妥協するべきか悩んでいます。どうすればいいですか?

不動産などの場合はできる限り金利を抑えるべきです

最近は、消費者金融でも、大型ローンの金利を引き下げていることが多いですが、依然として、銀行などに比べて金利は高いです。特に住宅ローンは、専門の金融企業で契約するほうがいいでしょう。数千万円の契約ともなると、たった数%の金利の差だとしても、最終的には大きな金額の差として現れてきます。そのため、この場合に重要なのは、いかに金利を低く抑えてローンを組むことができるかということです。

借り入れの時に重視されるのは返済能力ですが、家や土地の場合はその基準がさらに厳しくなります。特に、家族構成や職種と勤務年数などの多岐にわたって審査があり、普通の借り入れをするときよりもローンを組みにくいです。しかし、それでも金利は非常に重要です。たとえ審査が厳しくなろうとも、私は銀行での住宅ローンを利用することを勧めます。小さな借入であれば、消費者金融の借入で妥協することは十分選択の価値があります。消費者金融は銀行にはない迅速さが売りなので、短期の借り入れと相性がいいからです。しかし、大型ローンの場合、優先されるのは金利の一点です。そう考えたときに、消費者金融で妥協するのはメリットとデメリットが釣り合わないことが多いのです。

土地購入にローンを利用するのはごく普通のことです

土地購入の資金が不足しているときにローンを利用したいと考えるのはごく普通のことで、実際に借り入れをしている人も多くいます。借金をするというと、どうしてもネガティブなイメージを持つものなのですが、土地に限らず不動産の購入にはローンがつきものなのです。それは土地価格と金利の関係を考えればすぐに見当が付きます。

金利が下がると土地の価格が上がるという傾向があります。これは一般的に次のように説明されます。金利が下がると借り入れをしやすくなり、それによって土地に投資をしようという投資家が増えます。土地に対する需要が増え、需給の関係から土地の価格が高くなります。このように説明されることが多く、実際、それが正しいと考えられるのです。

実際、金利と土地の価格の関係を見てみれば、確かにそのような関係があるということが分かるでしょう。ですから、多くの投資家はローンで土地購入を行っていると考えるのが妥当です。それとともに、土地購入をするときにはローンを組みやすいという傾向があります。有利な条件で借りることができるのです。

銀行などの金融機関がなぜ有利な条件で貸し付けを行ってくるのかというと、担保に設定できるからです。購入する土地を担保として設定することによって、貸す側のリスクを抑える事ができます。そのために多くの資金を貸し付けてくれたり、あるいは低い金利で貸し付けてくれたりします。これがローンを利用する投資家が多い尾理由の一つにもなっています。

土地は収益を生み出しますから、その収益によって借り入れた資金を返済していくことができます。ですから、借り入れたとしても返済可能性は高いと考えられるのです。キャッシングなどの場合には、それがどのように使われるのかが分かりませんから返済可能性を高めることはできませんが、土地は収益を生み出すという点で異なっていると考えられます。これもローンを組みやすい理由の一つです。